ホームページ

杉山家の部屋                                  サイトマップ


杉山響子さんは佐藤愛子先生の娘さん、桃子さんはお孫さんです。


脚本 「見えない同居人」 随筆春秋の会員の皆さん向け、発売中です。1冊千円+送料。
お申し込みは事務局/池田までメールで。mail@kenshu21.com





そして、杉山桃子さんが作曲・演奏しているサントラ盤CDも同時発売です。

1枚500円+送料。 お申し込みは事務局/池田までメールで。mail@kenshu21.com





杉山響子さんが書いたお芝居 「見えない同居人」 は満員御礼・大盛況でした。
この作品は、原稿の時から佐藤愛子先生、堀川とんこう先生が見て下さったものです。
堀川先生は脚本の段階から 「面白い!」 と太鼓判を押しておられました。



舞台設定が何となく80年代を思わせるので、「ドはまりした」 という人もいます。
彼は もしかしたら 「ククリくん」 に自分を投影しているのかも知れません。



事務局では11月25日の千秋楽に行きました。会員の有志の方々も来て下さいました。
で、どうだったかと言いますと 「感動した」 のひと言です。強く再演を希望します。
私は特に主役の 「一子ちゃん」 が とっても健気で良かったです。
アイヌのおじさんは 「まじ怖かった」 という人もいました。それだけリアルだったのです。
こんなに幽霊たちが人間臭い芝居は、ほかにあったかな? と思います。




佐藤先生の作品のテイストとはひと味違うけれど、「見えない同居人」は先生の世界観、いいえ霊界観を存分に描き上げた稀有の作品です。




杉山桃子さんは三軒茶屋周辺で音楽活動をしておられます。

ツィッターはこちらです。→ [スプーキー]




佐藤先生のお孫さんの杉山桃子さんが自主製作CD「どんぶらこ」を発売しました。
ご希望の方は直接 ws.formzu.net/fgen/S44490121/あてにお申込み下さい。
1000円+送料、希望すればサインを入れてくれます。
桃子さんのサインが、まだうまくないので、佐藤先生が特訓してくれたといういわくつきです。(貴重)


トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集  会員へのお知らせ